スポンサーサイト

0
    • 2015.08.13 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    メジャーなマイナー映画を目指して(4)

    0
       えっと……なんの話でしたっけ……。
      とりあえず、ふと思いついた話題から。
      映画の撮影現場では、本番が始まると監督は目の前の芝居に意識を集中するわけですよね。しかしそれは本当にいいことなのか? いや、いいことに違いはないのですが……。
      では別の言い方をしてみましょう。
      なぜ撮影現場にはたくさんのスタッフ(の視線)が必要なのか?
      僕がふと思うのは、映画のキャメラはレンズの前のなにものにも集中しようとしないから、映画のスタッフたちは複数でそれに対抗しなくてはならない、ということです。
      大勢であることによって、なにものにも集中しない視線を獲得しなくてはならない。
      無論、実際に「大勢」ではなくとも、個人の資質として「大勢」である監督もいます。
      僕は以前福間健二監督の映画のトークで、「福間さんはよそ見する監督ですね」と発言したことがある。福間監督の作品は低予算映画でスタッフの数は限られている。しかし、たしかにあそこには「大勢」の視線、よそ見する視線があった。福間監督は「大勢」の資質を持っているのだといまにして僕は思う。
      (つづく)

      メジャーなマイナー映画を目指して(3)

      0
         「マイナー映画」(と仮に呼びたいのですが)というのは、決して流通規模において小規模であることを意味しません。
        例えば、近年劇場でかかっている自主映画の多くはマイナー映画ではなく、ただの小規模な映画です。
        流通規模において大規模であっても「マイナー」である、ということの一つの例は『ハイスクールU.S.A.--アメリカ学園映画のすべて』のいう本で知ることができます。
        この本の中で著者たちは「学園映画」というサブジャンルを、ジョン・ヒューズが発明した、と主張しています。
        ジョン・ヒューズ以前にも、学園を舞台にした映画は無数にありました。しかし、学園という場所が単なる芝居の背景ではなく、それ自体がキャラクターたちに固有の葛藤を生み出してしまう政治的な場所であることを発見したのはジョン・ヒューズである、というわけです。
        誰の目にも「学園」は映っていた。そして、ジョン・ヒューズの映画も長いあいだ多くの観客たちに愛されていた。
        しかし、その画面に「学園映画」を見出したのは、ジョン・ヒューズの映画を参照した後続の映画作家たちであり、なにより長谷川町蔵と山崎まどかという著者たちだった。
        このエピソードに似ているのは、「フィルム・ノワール」というサブジャンルではないでしょうか。
        それは、あからさまにそこに映しだされている。しかしそれは、もっとも人の目にとまりにくい。
        そういう特徴を「マイナー映画」は持っている。
        しかし、そういう「マイナー映画」が「メジャー映画」として作動してしまう環境なり瞬間なりが、ある。
        (つづく)


        文学フリマに参加します

        0
           5月6日(日)に、東京流通センターというところで、文学フリマが行われます。
          小説や評論の同人誌が一同に会するイベントです。
          僕・古澤も、『BOOTLEG』という映画同人誌に寄稿しています。
          映画系ブロガーを中心に、映画好きたちが好き勝手書いてる同人誌です。
          当日、僕も売り子として参加するつもりです。
          「コラボ・モンスターズ!!」のチラシと前売り券も持参するので、もしよかったら声をかけてください。
          詳細はこちら

          メジャーなマイナー映画を目指して(2)

          0
            不思議なことに現在「大きな商業映画」と「極小の自主映画」にわかれてしまっている、という状況があるように思います。
            先日、「恐怖バー」に出演したときに僕は「日本映画に状況はなくなってしまった」と言いましたが、補足すると、「動的な状況がなくなってしまった」ということです。
            まあ、わかりやすく言えば、弁証法がなりたたない、ということですね(笑)
            メジャーな器には流通しやすいイメージが盛り込まれ、一方マイナーであるはずの自主映画にもそこで流通しやすいイメージが盛り込まれている。
            マーケット毎の住み分け、そんな感じです。
            しかし本来映画というのは「メジャーな器にマイナーな題材が放り込まれる」ようなものだったのではないでしょうか。
            (つづく)



            メジャーなマイナー映画を目指して(1)

            0
               古澤健です。
              カテゴリー「古澤」で投稿していこうかな、と思っています。
              twitterでも少しつぶやいてみたのですが、「メジャーなマイナー映画」ということについて考えてみようかな、と思っています。
              「大衆的なマイナー映画」のほうがいいのかな。
              そういう考えが生まれたのは、最近デニス・ホッパーの「ラストムービー」をYouTubeで観ていて、その冒頭にユニバーサルのロゴが出た瞬間でした。
              もちろん、「ラストムービー」は「大衆的なマイナー映画」にはなりえませんでした。むしろ、「イージー☆ライダー」のほうが「大衆的なマイナー映画」でしょう。
              が、本当の「大衆的なマイナー映画」は、ロジャー・コーマンが作っていたのですよね。
              (続く)